本文へ移動

「風立ちぬ」堀越二郎も出入り 三菱幹部社員宅が名古屋市の登録建造物資産に

2021年1月22日 05時00分 (1月28日 15時17分更新)
堀越二郎も出入りしたという「貞近家住宅」=名古屋市南区霞町で

堀越二郎も出入りしたという「貞近家住宅」=名古屋市南区霞町で

  • 堀越二郎も出入りしたという「貞近家住宅」=名古屋市南区霞町で
  • 「精緻な細工」を評価された居間の組子欄間を見る貞近和利さん=名古屋市南区霞町の貞近家住宅で
 昭和初期に三菱重工業の幹部社員が建てた住宅が、名古屋市南区霞町に残っている。景観・文化的価値が認められるとして、名古屋市の「登録地域建造物資産」に昨年七月に登録された。旧日本海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者で、宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」で主人公のモデルとなった堀越二郎(一九〇三〜八二年)も出入りしたという。(角雄記)
 住宅は、「貞近家住宅」の名称で登録された木造平屋の八三・四平方メートル。三菱が飛行機の設計室を置いた名古屋航空機製作所(港区大江町)で、技術職トップの「工師」のポストを務めた貞近久一(一八八九〜一九五七年)が二九年に自宅として建てた。
 庭には直幹と斜幹の松二本を配置。内装は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧