入院待ちの70代男性死亡 搬送に3時間、岐阜県「入院中」と発表

2021年1月22日 05時00分 (1月22日 14時29分更新)
 岐阜県が二十日に新型コロナウイルス感染症で入院中に死亡したと発表した同県各務原市の七十代男性が、自宅で心肺停止になった後に病院に運ばれて死亡していたことが分かった。救急要請後、すぐに搬送先が決まらず、岐阜市の岐阜大付属病院に運ばれたのは三時間後だった。
 県や各務原市消防本部などによると、男性は愛知県内で陽性が判明。岐阜県は十九日に連絡を受け、同日中に保健所が入院先を決めた。翌二十日、入院を待っていた男性の容体が悪化。午前四時二十八分に家族から消防に通報があった。消防から連絡を受けた保健所が救急搬送先を探したが難航。午前六時三十八分に自宅で心肺停止した後、消防が午前七時四十三分に岐阜大付属病院に運び、その後、死亡が確認された。
 県健康福祉部の堀裕行次長は「入院にたどり着く前に心肺停止になったことは事実。事態を重く受け止めている」と認めた。男性が「入院していた」と発表したことには「搬送先の病院から入院扱いになったと報告を受けたから」と説明した。
 県によると、今月中旬時点で関市や可児市などの中濃圏域はコロナ患者向け病床が満床になり、岐阜市、各務原市などの岐阜圏域は80%超が埋まって逼迫(ひっぱく)している。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報