「望餃子」できました 牧之原市特産のお茶を使用

2021年1月22日 05時00分 (1月22日 05時01分更新) 会員限定
市特産の茶を素材に使った「望餃子」を手にする「ほうせん館」のスタッフ=牧之原市で

市特産の茶を素材に使った「望餃子」を手にする「ほうせん館」のスタッフ=牧之原市で

  • 市特産の茶を素材に使った「望餃子」を手にする「ほうせん館」のスタッフ=牧之原市で
 JAハイナンは、牧之原市特産のお茶を素材に使った「望餃子(のぞみギョーザ)」を新開発し、昨年十二月から、市内のJA直売所「ほうせん館」で販売を始めた。 (酒井健)
 市の高級ブランド茶「望」の粉末を皮に練り込んだ鮮やかな緑色で、茶の香りもする。食品添加物は使わず、具材には地元産キャベツも入っている。幅広い世代の口に合うように、具の部分のダシは甘い味付けにしたという。
 農家の所得向上を目指し、地元の農産物を使った餃子の製造販売を手掛ける「祐味(ゆうみ)」(島田市)と共同開発した。同JAの萬年隆久流通販売部長は「今後も管内の農産物を生かし、多彩な商品を展開していきたい」と話している。
 一袋二十個入りで七百五十円。季節限定の「ハイナンレタス餃子」も五月ごろまで、一袋十六個入り六百五十円。いずれも冷凍で販売している。 

関連キーワード

PR情報