本文へ移動

<ブラボーふくい!> 勝山市 大師山清大寺

2021年1月21日 05時00分 (1月21日 16時00分更新)
中国・河南省の龍門石窟にある仏像をモデルにした、高さ17メートルの大仏座像=勝山市の大師山清大寺で

中国・河南省の龍門石窟にある仏像をモデルにした、高さ17メートルの大仏座像=勝山市の大師山清大寺で

  • 中国・河南省の龍門石窟にある仏像をモデルにした、高さ17メートルの大仏座像=勝山市の大師山清大寺で
  • 磨崖仏をイメージし、壁面に1281体の仏像が並ぶ大仏殿=勝山市の大師山清大寺で
  • 中国・北京市の北海公園にある装飾壁を再現した九龍壁=勝山市の大師山清大寺で
 勝山市を抱くようにそびえる大師山の山際に立つ巨大建築。日本最大級の越前大仏でおなじみの市のシンボル的存在なのが、臨済宗妙心寺派「大師山清大寺」だ。大仏座像はもちろん、境内のさまざまな場所に日本最大級を詰め込んだ、建立者の夢を実現した施設は、寺院としては新しいものの、未来につながる歴史を刻々と刻んでいる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報