本文へ移動

地元のお店、食べて支援 木祖村職員がスキー場で昼食

2021年1月21日 05時00分 (1月21日 15時16分更新)
地元経済を支援するため、スキー場の食堂で昼食を取る村職員=木祖村のやぶはら高原山の家で

地元経済を支援するため、スキー場の食堂で昼食を取る村職員=木祖村のやぶはら高原山の家で

 新型コロナウイルスで打撃を受けた地元の飲食店を支援しようと、木祖村職員は、昼休みに村内のやぶはら高原スキー場で昼食を取る活動を始めた。場内には六軒の食堂があり、初回の十九日は職員七人が宿泊施設「やぶはら高原山の家」にある食堂を訪れた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧