本文へ移動

奥越の名所 ぐるり360度 観光連盟が動画配信 

2021年1月21日 05時00分 (1月21日 09時49分更新)

360度動画でのバスツアー開始を記念して開かれた上映会=いずれも20日、福井市中央1のセーレンプラネットで(山田陽撮影)

 バーチャルバスツアーも

 奥越前観光連盟が大野、勝山両市の観光地を撮影した三六〇度動画の配信をユーチューブチャンネルで始めた。二十日には両市の観光地をバスガイドの案内で巡るバーチャルバスツアーの無料配信も開始。いずれも奥越を旅行している気分を自宅で味わえる。中部縦貫自動車道が和泉インターチェンジにつながる二〇二三年春までに動画を百本以上に増やし、コロナ禍後の奥越への来訪意欲を刺激し、特産品アピールにもつなげていく考えだ。(正津聡)
 三六〇度動画は、同連盟事務局の大野・勝山地区広域行政事務組合職員らが観光地を歩いて専用のカメラで撮影、観光地ごとに一〜四分にまとめている。パソコンやスマートフォンで三六〇度好きな方向を見ることができ、実際に巡っているような臨場感がある。
 すでに大野市の寺町通りや平家平のブナ林、勝山市の越前大仏で知られる清大寺や野向町のコスモス畑を配信。週に一本以上のペースで増やしていく。三六〇度動画専門のチャンネル開設は国内観光団体として初めてという。

バーチャルバスツアーで体験できる酒蔵巡り

 バーチャルバスツアーは奥越の地酒がテーマ。大野市の清酒一乃谷で知られる宇野酒造場や七間朝市、勝山市の白山平泉寺や越前大仏などをガイドの案内で巡る。宇野酒造場では日本酒の仕込みや搾りの様子を見学し、勝山市の飲食店「花月楼」で奥越の酒蔵五軒の飲み比べをする。事前に「奥越前VRバスツアー限定セット」を平成大野屋(大野市)のインターネット通販で購入すれば実際に日本酒の飲み比べができ、より現実味が深まる。
 バスツアーの配信を記念し二十日、福井市のセーレンプラネット(市自然史博物館分館)でこの日限定の上映会を開催。二回に分け計百人がドームシアターに映し出される奥越の魅力を堪能した。

360度動画専門チャンネルのQRコード

 広域行政事務組合の嶋田敏文事務局次長は「奥越に来た気分を味わって実際に行きたいと思い、特産品を購入するきっかけにしてもらえれば」と話し、福井市の六十代女性は「とっても良かった。ぜひ行ってみようと思った。お酒も飲んでみたい」と奥越の魅力に引き込まれた様子だった。

関連キーワード

おすすめ情報