本文へ移動

2敗目大栄翔「立ち合いは大丈夫」どうしても意識してしまう優勝争い 残すは下位との対戦のみ【大相撲】

2021年1月20日 20時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿武咲に突き落としで敗れた大栄翔

阿武咲に突き落としで敗れた大栄翔

 ◇20日 大相撲初場所11日目(両国国技館)
 1敗で単独トップだった大栄翔(27)=追手風=は、阿武咲(阿武松)に突き落としで敗れた。
 大栄翔は相撲に勝って勝負に負けた。立ち合いから阿武咲を一気に押し込む。勝負は決まったかに思われたが、土俵際の突き落としで2敗目。7日目から単独トップを守ってきたが、ついに正代に並ばれた。
 ただ、相撲内容はよかったので「立ち合いはよかったんで」と重要視する立ち合いは満足。土俵際のところだけ「あそこをしっかり見ていかないとダメでした」と反省した。
 上位との対戦はすでに終えており、12日目の明生戦を含めてすべて下位力士との対戦だ。
 「(優勝争いは頭に)まったくないことはないんですけど、立ち合いは大丈夫だと思うので、土俵際とか細かいところを修正していきたい」と気持ちを切り替えていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ