本文へ移動

<お宝発見!> (9)古代ザメの歯

2021年1月19日 05時00分 (1月19日 14時08分更新)
サメの歯を紹介する三浦さん=阿南町富草の町化石館で

サメの歯を紹介する三浦さん=阿南町富草の町化石館で

  • サメの歯を紹介する三浦さん=阿南町富草の町化石館で
  • 富草小の校章。「小」の周りの逆三角形はサメの歯の化石を図案化したもの=阿南町富草の富草小で
  • カルカロドン・メガロドンの歯の化石。長さ約10センチ=阿南町富草の町化石館で
 握りこぶしほどの矢尻の様な形。重厚感のある黒ずんだ塊が鈍く光を反射する。江戸時代には「天狗(てんぐ)の爪」とも信じられていた異様な物体の正体は巨大古代ザメ「カルカロドン・メガロドン」の歯。阿南町富草の町化石館が所蔵するはるか昔の遺物は地元住民の誇りとして大切にされている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧