本文へ移動

全勝の大栄翔が宝富士に敗れ初黒星「勝ち急いだ」「自分の力を120%出せるように」【大相撲】

2021年1月18日 20時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝富士(奥)がはたき込みで大栄翔を破る

宝富士(奥)がはたき込みで大栄翔を破る

◇18日 大相撲初場所9日目(両国国技館)
 単独トップの平幕大栄翔(27)=追手風=が宝富士にはたき込まれ、全勝力士が消えた。1敗の大栄翔を1差で正代が追い、3敗に朝乃山ら10人。
 大栄翔が宝富士に敗れ、初日からの連勝が「8」で止まった。とどめを刺しに前へ出たところを、宝富士にうまくかわされ土俵にばったり。その後に正代が2敗をキープ。2つあった差が1に縮まった。
 「リズムよく攻めればよかったけど、あまりに勝ち急ぎました」と悔しさをにじませた。
 それでも、9日目終了時点で平幕の単独トップは06年初場所の北勝力以来。「ショックを受けてたら15日間相撲を取れないんで。しっかり気持ちを切り替えて。(緊張や硬さも)そんなに感じてないです。悔しいですけど、これを乗り越えていけたらと思います。あらためて相撲を考えて、自分の力を120%出せるようにしないと」と自分に言い聞かせるように話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ