三重県内クラスター、30事例に 鈴鹿の介護施設などで確認

2021年1月18日 05時00分 (1月18日 11時23分更新) 会員限定
 三重県内で十七日、新たに二十六人の感染が明らかになった。鈴鹿市の特別養護老人ホーム(特養)で通所介護を利用する高齢者間のクラスター(感染者集団)が確認された。県内各地で目立つ家族や親族の会食を伴う集まりでもクラスターが判明した。県内でのクラスターは三十事例となった。
 クラスターが発生した特養は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

三重の新着

記事一覧