本文へ移動

福井県内で新たに4人感染 坂井の施設クラスターは20人に

2021年1月18日 05時00分 (1月18日 14時44分更新)
 福井県は十七日、福井市と坂井市の六十〜八十代の女性四人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全員がこれまで発表された感染者の濃厚接触者。うち一人は十五日に十九人の感染が分かった坂井市の介護老人保健施設「東尋坊ひまわりの丘」の八十代の女性入所者で、この施設のクラスター(感染者集団)は計二十人になった。
 女性入所者は他の感染者と同じフロアで生活。十四日に検査を受けて陰性だったが、十六日に発熱があり、再度検査して陽性と分かった。県は他に「ひまわりの丘」の通所施設を利用した七十七人の検査を終え、全員が陰性だった。
 十六日に看護師らの感染が分かった福井市の「冨沢クリニック」の関連では、感染した看護師の同居家族で坂井市の無職の七十代女性が検査で陽性と判明。症状はない。感染した別の看護師の知人で、福井市の自営業の七十代女性と従業員の六十代女性も症状はないが、検査で感染が分かった。
 十六日に職員の感染が公表された福井市大手二の田中病院では、職員が介護業務をしていた療養病棟の患者とスタッフ計九十九人の検査が終わり、全員が陰性だった。
 (今井智文)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報