本文へ移動

【NFL】レイブンズ痛恨 絶対的エースQBジャクソン負傷退場響き自慢の攻撃沈黙

2021年1月17日 21時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
負傷退場したレイブンズQBジャクソン=2021年1月16日(AP)

負傷退場したレイブンズQBジャクソン=2021年1月16日(AP)

 NFLは16日(日本時間17日)、プレーオフ(PO)のカンファレンス(C)準決勝2試合を行い、AFC第2シードのビルズは17―3で同第5シードのレイブンズに快勝し、27季ぶりのC決勝進出を決めた。AP通信(電子版)など複数の米国メディアが報じた。昨季MVPのQBを擁するなど攻撃自慢のレ軍をビ軍守備陣がFG1本のみに抑える完勝だった。
 レイブンズは絶対的エースQBジャクソンが第3Q終了直前に負傷退場。味方のスナップ軌道がずれ、ファンブルしたボールを拾い上げて投げ捨てた際にタックルされ、脳振とうを起こした。
 ドラフト外入団の新人QBハントレーが交代で入り、パスで計60ヤード獲得、インターセプトなしと健闘したが、最後までエンドゾーンは遠かった。
 4捕球で計28ヤード獲得のTEアンドリューは「敗退は悲しいが、チームメートもスタッフも毎日努力を重ねてきた。顔を上げ、また練習に戻る」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ