本文へ移動

介護を手助け 福祉用具展示 情報プラザ

2021年1月17日 05時00分 (1月17日 11時46分更新)
パワードスーツを装着した状態での作業を実演する本田優介さん(右)=金沢市本町の金沢福祉用具情報プラザで

パワードスーツを装着した状態での作業を実演する本田優介さん(右)=金沢市本町の金沢福祉用具情報プラザで

 介護で使える福祉用具の展示会が、金沢市本町の金沢福祉用具情報プラザで開かれている。歩行器や車いすなど約七十点が並ぶ。三十一日まで。
 目玉の一つは、人が重たい物を運ぶ際に動きを補助する「パワードスーツ」。空気を注入できる器具を背中や膝に装着し、腰の負担を和らげる。ベッドに取り付けて心拍数などから寝ている人の動きを感知するセンサーや、寝た状態から起き上がるまでの動きをサポートするベッドも目を引く。
 展示を担当した作業療法士の本田優介さんは「いろいろな福祉用具を直接見てもらえれば。訪問相談も受け付けているのでぜひ」と話す。展示品は無料で、八日間レンタルすることもできる。(西浦梓司)

関連キーワード

PR情報