本文へ移動

清原和博氏「このままだと死ぬかも…成人病で」1年ぶり体重計に愕然 “留置番号と同じ”114kg目指す

2021年1月16日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
清原和博氏

清原和博氏

 西武、巨人などで活躍した元プロ野球選手の清原和博氏(53)が16日、自身のユーチューブチャンネル「清ちゃんスポーツ」を更新。以前の配信で“清原漢の重大決意!!53歳元プロ野球選手の挑戦”と題した再びホームランを打つ企画を実現すべく、本格ダイエットに向け動き出した。
 清原氏はスタッフから促されて約1年ぶりに体重計に乗ると、なんとその結果は138キロ。PL学園時代は90キロ、西武時代は92.3キロ、巨人時代は100キロ、現役最後のオリックス時代は110キロだったことを明かしていた清原氏もあまりの太り過ぎにがく然とするしかなかった。しかも体脂肪は41.2%でウエストは142.7センチ。とても元スーパースターとは思えない数字をたたき出してしまった。
 清原氏は「このままだと死んでしまうかもわからないですよ。成人病で」と危機感を募らせ、「忘れられない番号」と位置付けた留置番号と同じ114キロを目指すことを明かした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ