本文へ移動

三浦瑠麗さん コロナ対策”罰則規定”を盛り込む動きをけん制「成功のキモは現場の実務体制の充実」

2021年1月16日 12時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦瑠理

三浦瑠理

 国際政治学者の三浦瑠麗さん(40)は16日、自身のツイッターで新型コロナウイルス対策強化に向けた感染症法改正案に罰則規定を盛り込む動きをけん制した。
 「コロナ対策を総括すると」として成功の事例については「罰則なき行動変容、マスクの適正使用、治療法、失業抑制、経済対策」を挙げ、失敗は「医療体制拡充、コロナ差別、迅速支援、困窮者把握、中央と首長・官庁間の連携、データに基づくリスクの客観比較」と解説。さらに「罰則をめぐる論議は成功した部分を変え、失敗したところから目を背けるもの」とした。
 入院勧告に従わない感染者などへの罰則導入などについては、15日に行われ厚労相感染症部会で出席者からは導入の根拠や効果を問う声が相次いでおり、「今後の成功のキモは、医療体制の拡充、高齢者施設の防疫、高齢者へのワクチン早期接種にかかっていると思います。ここに焦点を当てた対策が必要。それ以外のことに衆目を引きつけている場合ではありません」。医療・福祉などの現場の実務体制の大切さを求めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ