本文へ移動

【阪神】北條「すべて吸収したい」 光星学院先輩の巨人坂本らと合同自主トレ励む

2021年1月16日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校先輩の巨人・坂本(右)と沖縄県那覇市内で合同自主トレに励む阪神の北條(球団提供)

高校先輩の巨人・坂本(右)と沖縄県那覇市内で合同自主トレに励む阪神の北條(球団提供)

 阪神の北條史也内野手(26)が15日、球団を通じて取材に応えた。現在、巨人の坂本勇人内野手(32)らと国内で合同自主トレに励み、勝負の9年目に備えている。
―合同自主トレをするにあたり、坂本選手からはどんな言葉をかけられた?
北條「シンプルに技術を磨けと言われました」
―坂本選手からは具体的にどんなアドバイスを?
「技術的なことなので具体的には言えないですけど、キャッチボールでも守備でも打撃でも、一つ一つの動きや意識について、いろいろとアドバイスしてもらっています」
―合同自主トレを通して何を学び取りたいか
「一緒に練習させてもらって、いろいろと教えてもらって本当にありがたいですし、すべてを吸収したいです」
―心機一転で臨む今季。あらためて意気込みを
「背番号や自主トレなどいろいろと変わりますけど、今シーズンはそれがすべて良い方向に行くと信じて、思いっきりやっていきます」
 北條は、ドラフト2位で入団4年目の2016年には122試合に出場し、打率2割7分3厘、5本塁打、33打点とレギュラーに近づいた時期もあった。しかし、その後は伸び悩む。昨季は40試合出場にとどまり、打率1割9分2厘の2本塁打、7打点と不振。
 そこで今季は背番号を「2」から「26」に変更。心機一転のスタートに、光星学院(現八戸学院光星)高の6学年先輩の坂本を頼った。昨年に通算2000安打を達成したスター選手に弟子入りをして、木浪らチーム内のライバルから遊撃のレギュラー奪取を狙う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ