本文へ移動

『鬼滅の刃』炭治郎役の声優・花江夏樹が俳優業にも本格挑戦!「セリフの覚え方が違って緊張しました」

2021年1月15日 13時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
花江夏樹

花江夏樹

 声優の花江夏樹(29)が19日放送のTBS系火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜午後10時)に売れっ子漫画家役で同局ドラマに初出演することが決まった。花江は国内興行成績を塗り替えたメガヒット中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で主人公の竈門炭治郎役を演じているが、俳優業にも本格挑戦となる。
 ドラマは主演の上白石萌音(22)演じる出版社勤務の主人公が、菜々緒(32)が演じるクールで超ドSのファッション誌編集長のもと、仕事と恋に振り回されながら成長していく“お仕事&ラブコメディー”。
 花江はドラマ第2話に出演。ファッション誌のカルチャー特集でコラボ企画を依頼される役どころだ。海外でも注目される漫画家だが、けん玉を愛する一面もあるキャラクターを演じる。
 撮影後、「ドラマ俳優と声優ではセリフの覚え方が違って緊張した」と振り返った花江は役柄について「少し髪の毛がボサボサなキャラクターで物事を笑顔でやんわり断るような人です(笑)」と明かし、「ドラマの撮影は過去に一度だけ経験していますが、そのときはワンシーンでワンカットだけ。今回のようにたくさんしゃべるのは初めてだったので、台本を渡された時から緊張していました」とコメント。
 声優との違いには「声優は(収録)当日に台本をもらってその場でセリフを演じるのが当たり前。“セリフを覚える”という文化がないんです。だから、ちゃんと覚えられるかなと少し心配でした(笑)」と話し、「シーンを共にした上白石さんは本当に優しい方! 撮影はすごく楽しかったです! ぜひオンエアを楽しみにしていただきたいです」とアピールした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ