本文へ移動

GTRニッセイが初勝利 豪快先制弾の1番・田中は中日・丸山と高校、大学の同僚【中スポ杯軟式新春選抜リーグ】

2021年1月15日 11時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏無死、先制本塁打を放ったGTRニッセイの田中

3回裏無死、先制本塁打を放ったGTRニッセイの田中

 GTRニッセイが第3試合でニデックを4―1で破り、今大会3戦目で初勝利をあげた。1番の田中雄也左翼手(26)=東海大=が右翼越えに先制本塁打してチームに弾みをつけた。東郷製作所は3―0でパナSUNXを下し開幕4連勝として首位を守り、フタバ産業が2―1でイスコジャパンに勝って3勝目を挙げ、2位に続く展開となった。
 切り込み隊長が嫌な展開を打開した。GTRニッセイは3回無死で田中が初球を右翼スタンドに先制本塁打。打った瞬間に分かる豪快な一撃だった。田中は「先頭なのでとにかく塁に出ようと考えた。ストレートを狙って初球からいったら、すごくいい手応えでした」と振り返った。
 GTRニッセイは初回1死満塁、2回は1死一、二塁と先制機をともに併殺で逃していたが、田中の本塁打をきっかけに4番の高木以降が3長短打で続き、この回計3点を奪った。関屋智義監督(41)は「ゲッツーが2つ続いて嫌なムードでしたが、田中が切り開いてくれた。長打力もある頼れる1番打者です」と賛辞を贈った。
 田中は愛知県岡崎市の出身。東邦高から東海大に進み、大学選手権優勝に貢献した。中日ドラゴンズの丸山泰資投手とは高校、大学を通じてのチームメート。5年目のGTRニッセイでは5番を打ったこともあり、パンチ力を備えた1番打者として期待されている。
 GTRニッセイは今大会は開幕2連敗して出遅れたが、田中は「まだ6試合残っています。チーム一丸となって戦えるよう、自分の役割を果たします」と前を向いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ