本文へ移動

<己の道> 琉球大教授、教育学者 上間陽子さん(48)

2021年1月15日 05時00分 (1月15日 05時01分更新)
上間陽子さん

上間陽子さん

  • 上間陽子さん
  • インタビューの録音を一字一句書き起こしたデータが収まるファイルの一部=上間教授提供
  • 1995年10月、米兵の女子小学生暴行事件に抗議し、沖縄県内外からの参加者であふれ返る県民総決起大会=沖縄県・宜野湾海浜公園で
 研究室の棚に分厚いファイルが並ぶ。琉球大教育学研究科教授の上間陽子(48)は二〇一七年から地元沖縄県で、十代で子どもを産んだ「若年出産女性」に会い、インタビューを続ける。ファイルに収まるのは、その時のやりとりを録音し、一字一句書き起こしたデータだ。
 「学校からおうちに帰ると、お母さんとどう話していいのか分からなくて、ずっとお山座りをしてた」「自分はさ、小学一年生の時、ももたろうの話知らなかったわけ」。子ども時代を振り返るそんな言葉を目で追うと、少女たちの小さな背中が上間の脳裏に浮かぶ。
 地元の人脈をたぐり寄せ、これまで七十六人の若いママから話を聞いた。整理したデータから見える現実は、厳しい。
 十四歳ガールズバー、十四歳ピンサロ、十五歳キャバクラ…。仕事を始めた年齢はとても低く、しかも風俗系に行くケースが目立つ。そして、三分の二はDV有り。「イメージで『沖縄はいい場所』とかよく言われますけど、この子たちから見える景色は、全然、そんなものではありません」
 上間は一二〜一七年にキャバクラや風俗で働く十代、二十代女性数人にインタビューし、その結果を「裸足(はだし)で逃げる」という著書にまとめ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の新着

記事一覧