レンジャーズ有原航平に緊張も深い感銘、ドラ5の根本悠楓「やっぱりすごいな…」【日本ハム】

2021年1月14日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新人合同自主トレで他の選手の練習を見つめる日本ハムのドラフト5位・根本悠楓投手(左)

新人合同自主トレで他の選手の練習を見つめる日本ハムのドラフト5位・根本悠楓投手(左)

  • 新人合同自主トレで他の選手の練習を見つめる日本ハムのドラフト5位・根本悠楓投手(左)
 日本ハムのドラフト5位左腕・根本悠楓(はるか)投手(17)=苫小牧中央高=が14日、米大リーグ・レンジャーズへの移籍が決まった有原航平投手(28)の姿に深い感銘を受けた。
 根本はこの日が第2クール2日目だった千葉県鎌ケ谷市の球団施設での新人合同自主トレで、坂道ダッシュなどのメニューをこなした。一方、有原は午前中の鎌ケ谷スタジアムに登場。ルーキーたちはキャッチボールを繰り返す様子を練習の合間に見ることができた。
 北海道白老町出身の左腕にとって、昨年まで日本ハムのエースだった有原は憧れといえる存在。その右腕が黙々と繰り返すキャッチボールを間近で見た時はさすがに緊張を隠せなかったようで、この日の主なトレーニング終了後に報道陣から感想を聞かれると、「ちょっとしか見ていないんですけど、やっぱりメジャーの選手なのですごいなと思いました」と初々しい言葉を口にしていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ