大飯4号機が運転再開へ 関電の原発ゼロ状態が解消

2021年1月14日 21時41分 (1月14日 21時42分更新) 会員限定
 関西電力は14日、定期検査中だった大飯原発4号機(福井県おおい町)を15日に起動させ、運転を再開すると発表した。17日に発送電を始め、2月中旬に営業運転に移行する。関電では昨年11月3日に大飯4号機が定期検査に入ってから運転中の原発がゼロになっていたが、約2カ月で解消する。
 寒さの影響で関電管内では12日に最大電力需要が2596万キロワットを記録し、電力使用率が99%に達するなど厳しい需給状況。大飯4号機は出力118万キロワットで、運転再開すれば供給が上積みできるものの、厳しさは続くとみられる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧