“ミスターレッズ” 直系! J1浦和入りの中大・大久保智明が開幕スタメン宣言「早く始まってほしい」

2021年1月14日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
Jリーグ入りが決まり気合いが入る中大の(左から)大久保智明、松本大輔、今掛航貴、高窪健人、飯吉将通

Jリーグ入りが決まり気合いが入る中大の(左から)大久保智明、松本大輔、今掛航貴、高窪健人、飯吉将通

  • Jリーグ入りが決まり気合いが入る中大の(左から)大久保智明、松本大輔、今掛航貴、高窪健人、飯吉将通
 関東大学サッカーリーグに所属する中大は14日、東京都八王子市の同大で4年生選手の進路決定報告記者会見を行い、J1浦和入りするMF大久保智明(東京Vユース)らが抱負などを語った。加入先の内訳はJ1が3人、J2が1人、J3が1人、関東2部リーグが1人。なお、J2東京V加入の深沢大輝(東京Vユース)はチームがすでに新シーズンの練習を開始しているために欠席となった。
 大学サッカー界屈指のレフティードリブラー、大久保がJ1舞台に満を持して乗り込む。3年時の7月に浦和入りが内定。一昨季、昨季と2シーズン続けて浦和の特別指定選手として登録されたが、けがなどもあり、Jリーグデビューはまだだ。現在のコンディションは良好。チームの始動日に向け「早く始まってほしいです」と腕ぶした。
 当面の目標は「開幕スタメンを狙っています」と答えるにとどまった。ただ、以前の取材では「そこで2ゴール取りたいです。浦和でやれる自信はありますし、年間を通して中心選手として活躍することを考えています」と語っていた。
 大久保のような左利きのドリブラーは貴重な存在になる。「自分にしかできないプレーがあると思っています。サイドでのドリブル突破が武器ですけど、自分は動ける選手でもあります。浦和にないピースになりたいと思います」と、やる気をみなぎらせる。
 最終的には「“ミスターレッズ”になること」を目指すという。かつて“ミスターレッズ”と呼ばれた元日本代表FWの福田正博さんも中大OB。継承者もこの大学から誕生させたいと期する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ