鹿児島の鳥インフルは高病原性 さつま町、遺伝子解析で確認

2021年1月14日 18時59分 (1月14日 19時04分更新) 会員限定
 鹿児島県は14日、さつま町の養鶏場で発生した鳥インフルエンザについて、国の遺伝子解析で高病原性の「H5N8型」と確認されたと発表した。卵や鶏の移動と搬出を制限している周辺10キロ圏内には41の養鶏場があるが、県によると、これまでに異常は確認されていない。
 12日に養鶏場から「普段より多くの鶏が死んでいる」と通報があり、遺伝子検査で13日に鳥インフルの陽性が確定した。県は14日、この養鶏場で飼育していた鶏約3万2千羽の殺処分を終えた。
 19年2月の畜産統計によると、全国のブロイラー飼育数約1億3800万羽のうち、鹿児島は2797万羽で宮崎に次いで全国2位。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧