阪神・藤原オーナー「どんなプロ野球選手になりたいのか…」新成人の小幡と川原を激励

2021年1月14日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神の藤原オーナー(中央)から成人式記念品を授与された小幡(左端)と川原(右端)=球団提供

阪神の藤原オーナー(中央)から成人式記念品を授与された小幡(左端)と川原(右端)=球団提供

  • 阪神の藤原オーナー(中央)から成人式記念品を授与された小幡(左端)と川原(右端)=球団提供
 阪神の藤原崇起オーナー兼球団社長(68)が14日、兵庫県西宮市の球団事務所で二十歳の小幡竜平内野手と川原陸投手に成人式記念品を授与し、激励した。
 「成人というのはひとつの節目だと思いますけど、二十歳を迎えて、これからどういう自分になっていきたいのかを一生懸命考えてほしいと思います。どんなプロ野球選手になりたいのかをしっかりイメージして、今、何を、これからどういうことをしなければいけないのかをこの機会にもう一度よく考えて、これから新しいシーズンが始まりますけど、日々取り組んでいってもらえたらと思います」
 延岡学園高から入団3年目を迎える小幡は、昨季8月22日のヤクルト戦でデビューし、54試合に出場して127打数28安打の打率2割2分、本塁打なしの7打点。創成館高(長崎)から入団3年目を迎える川原はまだ1軍登板なし。両選手ともに飛躍が期待される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ