小池栄子「希望を感じる」 『ジュエリー ベストドレッサー賞』で決意新た

2021年1月14日 16時15分 (1月15日 17時07分更新)
『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の40代部門に選出された小池栄子 (C)ORICON NewS inc.

『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の40代部門に選出された小池栄子 (C)ORICON NewS inc.

  • 『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の40代部門に選出された小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
 女優の小池栄子(40)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の40代部門に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。
 小池は「ジュエリーには、一つひとつに思い入れがあります。初めて自分のお給料で買ったジュエリー、祖母や母から譲り受けたジュエリー、愛する人からもらったジュエリー」と持っている数は多くないものの、それぞれが大切なものだと語った。
 そして「コロナ禍でふさぎがちになる中、未来に対する希望のようなものを感じるジュエリーになりました。この先振り返ったときにそう思えるように、ジュエリーに負けないように輝けるように頑張っていきたいです」と前へ進む決意を新たにした。
 そのほか、10代部門は森七菜(19)、30代部門は戸田恵梨香(32)、50代部門は斉藤由貴(54)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。

関連キーワード

PR情報

エンタメ総合の新着

記事一覧