【野球殿堂】中日OB・山本昌さんは得票数2番目も届かず…競技者表彰は23年ぶり選出者なし

2021年1月14日 16時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本昌さん

山本昌さん

  • 山本昌さん
 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りメンバーを発表。プロ経験者から選ばれる競技者表彰では1998年以来、23年ぶりに選出者ゼロとなった。特別表彰ではアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司さん(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫さん(84)が選出された。
  ◇  ◇  ◇
 今年の野球殿堂入りプレーヤー表彰は、中日でプレーした6人が新たに候補者に名前を連ねたが、いずれも選出に必要な得票率75%には届かなかった。
 球団OBで得票数トップだったのは通算219勝を挙げて2015年に歴代最年長の50歳で引退した山本昌さん。全体1位だった元ヤクルト投手の高津臣吾さんに次ぐ244票を獲得したが、選出に必要な269票に25票及ばなかった。
 通算2108安打で歴代最多出場記録も持つ元監督の谷繁元信さんは138票で、2120安打、378本塁打の小笠原道大さんは56票、2050安打、319本塁打の和田一浩さんは16票、中日で15年プレーして巨人で現役を終えたゴールデングラブ賞7度受賞の井端弘和さんは10票、日米通算125勝の川上憲伸さんは5票だった。
 エキスパート表彰で候補となっていた中日OBの大島康徳さんと谷沢健一さんも、得票数がそれぞれ29、26票で、得票率75%(101票)に届かなかった。
 競技者表彰は2008年にプレーヤー、エキスパートの2部門に分かれた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ