<木曽川水景>(48) 船頭(5)

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 11時09分更新) 会員限定
日本ライン下りがあったころ、船頭たちが行った新造船の「舟かぶせ」=岐阜県美濃加茂市で(船頭の中嶋隆さん提供)

日本ライン下りがあったころ、船頭たちが行った新造船の「舟かぶせ」=岐阜県美濃加茂市で(船頭の中嶋隆さん提供)

  • 日本ライン下りがあったころ、船頭たちが行った新造船の「舟かぶせ」=岐阜県美濃加茂市で(船頭の中嶋隆さん提供)
  • 船頭と舟をかたどった橋の飾り=犬山・岐阜県各務原市の間のツインブリッジで
 木曽川の犬山橋(通称ツインブリッジ、二〇〇〇年完成)の中央に、竿(さお)を使って舟を操る船頭を描いた至極立派な飾りがある。漁の舟、あるいは人や荷物を乗せた舟が木曽川を行き来した記念碑みたいなものだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧