淡墨と余白の美、作品から感じて 県美術館で有根会書展

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 10時56分更新) 会員限定
流麗な淡墨の書作品が並ぶ展示=名古屋・栄の県美術館ギャラリーで

流麗な淡墨の書作品が並ぶ展示=名古屋・栄の県美術館ギャラリーで

  • 流麗な淡墨の書作品が並ぶ展示=名古屋・栄の県美術館ギャラリーで
 愛知を拠点とする書道団体「書道研究有根(ありね)会」の第五十一回書展(中日新聞社後援)が十三日、名古屋・栄の県美術館ギャラリーで始まった。役員、会員の作品六十三点と第三十七回公募展の出品作七十四点を展示した。十七日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧