名芸大教授の訴訟、賃金支払いで和解 名古屋地裁

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 11時51分更新) 会員限定
 学校法人名古屋自由学院に復職したのに賃金が完全に支払われていないとして、教職員組合副執行委員長、小西二郎(つぎお)・名古屋芸術大教授(56)が、学校法人に未払い分の支払いなどを求めた訴訟は十三日、名古屋地裁で和解が成立した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧