【岐阜】「出勤者7割減難しい」 緊急事態宣言、飛騨地域3市は困惑

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 12時18分更新) 会員限定
 政府は十三日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に、岐阜県などを加えた。対象地域にはテレワークの推進などにより、出勤者の七割削減を求めている。だが飛騨地域の三市では、感染者数が同日現在で計二十四人とまだ少ないことや、環境の未整備もあり、各自治体は「出勤者の七割削減は難しい」としている。 (横田浩熙、瀬田貴嗣、吉田幸雄)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

岐阜の新着

記事一覧