<ファイト!> 淡墨桜近くの老舗旅館「住吉屋」代表取締役・小野島史郎さん 

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 12時13分更新) 会員限定
淡墨桜の開花を心待ちにする小野島さん=本巣市根尾市場の住吉屋で

淡墨桜の開花を心待ちにする小野島さん=本巣市根尾市場の住吉屋で

  • 淡墨桜の開花を心待ちにする小野島さん=本巣市根尾市場の住吉屋で
 千五百年以上の樹齢を誇る本巣市の国天然記念物「淡墨桜」。近くの老舗旅館「住吉屋」では、春は花見客、初夏はアユ釣り客でにぎわうが、新型コロナウイルスの影響で観光客が激減した。代表取締役の小野島史郎さん(72)は「未曽有の事態で、とにかく振り回された一年だった」と振り返る。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧