庭先に店舗、事務所を 浜松のプラがミニ建物販売

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 05時01分更新)
テークアウトに便利なカウンターを備えた「ショップタイプ」のエスコア=浜松市浜北区で

テークアウトに便利なカウンターを備えた「ショップタイプ」のエスコア=浜松市浜北区で

  • テークアウトに便利なカウンターを備えた「ショップタイプ」のエスコア=浜松市浜北区で
 建築設計・施工のプラ(浜松市中区)は、地代のかからない自宅の庭先や駐車場に店舗やオフィスを構えられるミニ建物「S−CORE」(エスコア)をシリーズ化し、本格的に販売を始めた。起業や独立を目指す人のほか、新型コロナウイルス禍で在宅勤務をする人らの需要を見込み、用途に合わせた設備や資金計画も提案する。
 建物は木造平屋で、広さは四・五平方メートルと七・三平方メートルの二種類。三角屋根の「ルーフ型」と屋根が平らな「フラット型」があり、対面販売に便利なカウンターを窓の外側に設けた「ショップタイプ」と、室内で集中して作業ができる「ホールタイプ」を用意した。
 提携する泰匠建築(浜北区)の工場で組み立て、トラックで運んで据え付けるため、建築確認申請は不要といい、手軽に事業や仕事を始められる。本体価格は百十八万〜二百万円で、運搬・工事費は別途必要。一月末までモニター一人を募集しており、フラット型ショップタイプを七十万円の特別価格で販売する。
 プラは看板やロゴマークの製作、集客方法、資金計画などの相談にも応じる。飲食のテークアウト向けでは厨房(ちゅうぼう)機器やメニュー、レシピも提案できるという。リヤカー形のテークアウト用のワゴンも考案し、近く販売を始める予定だ。
 谷野祐司社長は「エスコアのユーザー同士のネットワークを構築し、リモート会議での情報交換や商品のシェア、材料の一括仕入れなど互いに役立つ環境を整えたい」と意気込む。問い合わせはプラ=電053(488)4925=へ。 (宮沢輝明)

関連キーワード

PR情報