愛知県内の感染者、名古屋市の割合が減少 尾張地方で拡大

2021年1月13日 23時19分 (1月14日 00時05分更新) 会員限定
 愛知県は13日、新たに319人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち名古屋市は100人で、県内の3分の1を下回った。年末以降、名古屋市の占める割合が減る一方、周辺の尾張地方などで増える傾向が続いている。
 県内に占める名古屋市の割合は、昨年12月24~30日の1週間は4~6割。それが31日~1月6日に3~5割、直近の7~13日は2~4割に減少した。
 代わりに増えているのは尾張地方。県感染症対策課によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

新型コロナ(ニュース)の新着

記事一覧