福井の大学院生殺害、嘱託認めず 男性に8600万賠償命令、千葉地裁

2021年1月13日 21時49分 (1月13日 21時53分更新) 会員限定
 福井県勝山市で2015年、東邦大(千葉県)の大学院生菅原みわさん=当時(25)=が殺害された事件を巡り、嘱託殺人罪で服役した男性(48)に遺族が約1億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は13日、「真意に基づく嘱託は認められない」として男性に約8600万円の支払いを命じた。
 事件では、殺人罪で起訴された男性の裁判員裁判で福井地裁が16年9月、嘱託殺人罪を適用して懲役3年6月の判決を言い渡し、確定。遺族側は訴訟で菅原さんが殺害を依頼したと裏付ける証拠はなく嘱託殺人の認定は不当だと主張していた。
 判決で高取真理子裁判長は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報