ワクチン接種 市町村と調整 県本部にチーム設置へ

2021年1月14日 05時00分 (1月14日 10時22分更新)
 県は、新型コロナウイルスのワクチン接種体制を整えるため、県内市町村との連携を強化するための担当チームをコロナ対策本部内に近く設ける。十三日に富山市内で開いた各市町村の担当者との会議で方針を示した。
 県が新設する担当チームは、ワクチン接種を住民に行う市町村の支援や医療従事者への優先接種の調整などを担う。人数などの詳細について石黒雄一県厚生部長は会議で「早急に設置するよう進めている」と説明した。
 会議には県と各市町村の予防接種担当者らが出席。豪雪の影響で高岡市、魚津市、上市町、朝日町、小矢部市の担当者以外はリモートでの参加となった。 (長森謙介)

関連キーワード

PR情報