【京成杯】レシステンシアの半弟の良血馬グラティアスがルメール鞍上で無傷の2連勝を狙う 加藤征師「まったく不安がない」

2021年1月13日 18時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウッドチップコースでロレンツォと併せて追われるグラティアス(左)

ウッドチップコースでロレンツォと併せて追われるグラティアス(左)

  • ウッドチップコースでロレンツォと併せて追われるグラティアス(左)
 ◇第61回京成杯(G3・17日・中山・芝2000メートル)
 強豪がそろった10月の新馬戦(東京芝2000メートル)を快勝したグラティアス。一昨年の阪神JFを制し、昨年の桜花賞、NHKマイルCで2着に入ったレシステンシアの半弟が、デビューから無傷の2連勝で重賞勝利を目指す。
 最終追い切りは美浦坂路を軽く1本(4F70秒7)駆け上がると、すぐにWへ移動して併せ馬を敢行。2馬身先行させた僚馬ロレンツォ(3歳新馬)を追いかけ、ゴール前でグイッと伸びて半馬身先着。時計は5F67秒5、上がり3F38秒7―12秒8を馬なりでマークした。
 調教を見届けた加藤征師は「先週しっかり追っているし、すでに体も息もできている。今週は調整程度で十分。とてもいい動きで、時計的にも予定通り。まったく不安がない状態で出走できそうだね」と胸を張った。
 さらにデビュー戦は逃げる形となったが、どんな競馬にも対応可能だと言い切った。「物見をしていたぐらい余裕があった。馬込みに入っても大丈夫だし、隣に馬が来た方が本気で走るタイプだからね。もっと時計が速くなっても心配はいらないよ」
 皐月賞と同じ舞台(中山芝2000メートル)で行われる京成杯。勝てばクラシックへの視野はぐっと開けてくる。鞍上は引き続きルメールとくればもはや落とせない戦い。ぶっち切りの快勝劇を見てみたい。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ