サブノジュニア『NARグランプリ2020』年度代表馬など三冠に輝く「これまで我慢…感無量」

2021年1月13日 18時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブノジュニア

サブノジュニア

  • サブノジュニア
 NARは13日、2020年に地方競馬で活躍した人馬などを顕彰する「NARグランプリ2020」の表彰馬、表彰者を発表した。年度代表馬にはJBCスプリントを制したサブノジュニアが受賞。4歳以上最優秀牡馬、最優秀短距離馬と合わせ三冠に輝いた。同馬を管理する堀師は「最初から素質のある馬で、故障もありましたが時間をかけて徐々に育ててきたことが、この活躍につながったと思います。これまで我慢した分、年度代表馬のタイトルには感無量です」とコメント。なお、表彰式典は社会情勢を鑑みて中止となる。
 【表彰馬】
 ▼年度代表馬、4歳以上最優秀牡馬、最優秀短距離馬=サブノジュニア(大井)▼2歳最優秀牡馬=アランバローズ(船橋)▼2歳最優秀牝馬=ソロユニット(北海道)▼3歳最優秀牡馬=エメリミット(船橋)▼3歳最優秀牝馬=アクアリーブル(船橋)▼4歳以上最優秀牝馬=サルサディオーネ(大井)▼ばんえい最優秀馬=オレノココロ▼最優秀ターフ馬=該当馬なし▼ダートグレード競走特別賞馬=クリソベリル(JRA)▼特別表彰馬=該当馬なし
 【表彰者】
 ▼最優秀勝利回数調教師賞=角田輝也(愛知)▼最優秀賞金収得調教師賞=小久保智(浦和)▼最優秀勝率調教師賞=川西毅(愛知)▼殊勲調教師賞=堀千亜樹(大井)▼最優秀勝利回数騎手賞=森泰斗(船橋)▼最優秀賞金収得騎手賞=森泰斗(船橋)▼最優秀勝率騎手賞=赤岡修次(高知)▼殊勲騎手賞=矢野貴之(大井)▼優秀新人騎手賞=小野楓馬(北海道)▼優秀女性騎手賞=宮下瞳(愛知)▼ベストフェアプレー賞=高松亮(岩手)▼特別賞=森泰斗(船橋)、的場文男(大井)、宮下瞳(愛知)、下原理(兵庫)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ