東京五輪に出たい金谷拓実 松山に次ぐ日本2番手逆転ゲットへ「どの大会も優勝目指す」【米男子ゴルフ・ソニーOP】

2021年1月13日 14時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
金谷拓実

金谷拓実

  • 金谷拓実
 米ツアーのソニー・オープン(14~17日、米ハワイ州ホノルル)に出場する金谷拓実(22)=東北福祉大4年=と石川遼(29)=カシオ=が12日(現地時間)、会場となるワイアラエCCでリモート記者会見した。世界アマランク1位から昨年10月にプロ転向し、11月にプロ初勝利(日本ツアー通算2勝目)を挙げた金谷は、改めて東京五輪出場を熱望した。日本人選手はほかに松山英樹、小平智、香妻陣一朗、木下稜介が出場する。
  ◇  ◇  ◇
 「東京五輪は今年の大きな目標。それまで一つひとつが大事になってくる。どの大会も優勝を目指したい」。約15分の会見中、金谷は2度もはっきりと意欲を示した。
 東京五輪の男子代表は、6月21日時点の世界ランキングで決まり、各国上位2人(15位以内なら4人まで)。日本では現在21位の松山英樹が1番手として当確で、2番手争いが注目されている。
 金谷は現在、今平周吾、石川、星野陸也に続く4番手。だが、プロ転向直後から好成績を挙げ続けており、今後5カ月あまりで2番手滑り込みも十分可能。2週後から欧州ツアー2大会に推薦出場することが決まり、試合に恵まれていることも追い風だ。
 そのためにも、2021年初戦となる今大会は大きな意味を持つ。アマチュアだった2年前は予選落ちしたが、「試合を重ねるにつれて自信を持ってプレーできるようになった。この2年の間にメジャー大会3度など、いろんな経験もした」という。大会前のツアー公式サイトでは優勝候補15位に挙げられている。
 ハワイのコースは日本や米本土よりも木の枝が大きく横に張り出しているのが特徴で、ショットの正確さが要求される。「風が強くて芝も日本では経験できないような質。ティーショットが難しいが、丁寧に打てばチャンスが増えてくる」と、すでに攻略法が出来上がっているようだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ