本文へ移動

フジ系新ドラマ「その女、ジルバ」好発進 「オトナの土ドラ」枠の最高視聴率マーク

2021年1月13日 12時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「その女、ジルバ」で主演する池脇千鶴

「その女、ジルバ」で主演する池脇千鶴

 東海テレビ制作のフジテレビ系ドラマ「その女、ジルバ」の初回(9日)の平均世帯視聴率が名古屋地区で9・2%、関東地区でも6・3%と好発進した。土曜午後11時40分からの「オトナの土ドラ」枠の最高視聴率となった。
 「オトナのー」は平日週5日、放送された昼ドラの後継として、2016年にスタートし、「その女ー」で第31作。これまでの最高視聴率は、名古屋地区が第18作「絶対正義」(2019年)第2話の8・0%。関東地区は第1作「火の粉」(16年)初回、第7作「犯罪症候群season1」(17年)初回のいずれも5・8%だった。
 「その女|」は、アパレル店をリストラされた、池脇千鶴(39)演じる新(あらた)が、平均年齢70歳のバーで働き、人生を歩み始めるストーリー。初回では、恋人に裏切られ、アルバイトを探す新が、40歳の誕生日に先輩ホステスにバースデーソングを歌ってもらい、うれし泣きする。東海テレビは池脇の「役作りが徹底し、泣き演技が圧巻」と分析している。
 いずれもビデオリサーチによる世帯視聴率。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ