ラグビー界に広がるコロナ禍…TL下部リーグの豊田自動織機8選手が感染 17日の開幕戦VS中国電力は中止

2021年1月13日 12時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ラグビーのトップリーグ下部のトップチャレンジリーグに属する豊田自動織機は13日、選手8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。関東ラグビー協会も17日の開幕日に予定していた中国電力―豊田自動織機戦(福岡・ベスト電器スタジアム)の中止を決めた。豊田自動織機は選手のコロナ感染に伴い、試合への出場を見合わせることを申し入れていた。
 同チームは公式ホームページを通じて「当該選手8名の体調に異常はなく、他の選手・スタッフとともに、所轄保健所と連携の上、健康状態の経過観察を継続しております」と報告した。試合の中止に伴い、規定で両チームに勝ち点2が与えられる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ