スズキの100年まとめる 500ページ超書籍とDVD3枚に

2021年1月13日 05時00分 (1月13日 05時02分更新)
スズキが発刊した100年史。書籍とDVDのセットで写真や図表を多用した

スズキが発刊した100年史。書籍とDVDのセットで写真や図表を多用した

  • スズキが発刊した100年史。書籍とDVDのセットで写真や図表を多用した
 二〇二〇年三月に創立百周年を迎えたスズキは、社史「スズキ百年史」をまとめた。五百ページ超の書籍とDVD三枚で構成され、織機から二輪車、四輪車、船外機などへと業容を拡大していく経過を、写真や図表、映像を多用しながら振り返っている。 (鈴木啓紀)
 書籍は「誕生」「変革 夢の実現」「成長」「飛躍」の四部構成。創業者の鈴木道雄が織機事業を起こした黎明(れいめい)期から、世界的な自動車メーカーに成長するまでの過程を丹念に追った。書籍の内容を収録したDVDのほか、日本初の量産軽自動車「スズライト」(一九五五年発売)などを紹介する「商品史」、初代アルト(七九年発売)の発表会の様子などを収録した「映像集」の各DVDをセットにした。
 七千三百セットを製作。全国の販売店などに配布したほか、千九百セットを浜松市内の全中学校と工場がある浜松、湖西、磐田、掛川、牧之原各市の図書館などに寄贈した。社史は四十年史、五十年史、七十年史に続き四冊目で、編さんは三十年ぶり。 

関連キーワード

PR情報