本文へ移動

村井チェアマン「キャンプは予定通り実施」ファンサービスについては「地域との協議が必要」【Jリーグ】

2021年1月12日 21時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
村井チェアマン

村井チェアマン

 プロ野球とJリーグによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」が12日、オンラインで開かれた。シーズン前のキャンプに関して、Jリーグの村井満チェアマン(61)は「行政、知事等の(中止)要請があれば、リーグが(開催可否を)判断することもあるかもしれないが、現状では行われる前提で万全の対応をしていく」と述べ、予定通りに実施する方針を示した。
 リーグ側はキャンプ前に全クラブの選手、スタッフを対象にPCR検査を実施し、キャンプ中も1週に1度程度の頻度で検査を継続する考えで、チェアマンは「ウイルスを持ち込まないことは当然だが、現地で対面のファンサービスは一切できないと考えている」と指摘。観客の有無については「地域との協議が必要」として、感染状況を見極めつつ自治体と話し合って決めていく。
 また、緊急事態宣言下の地域でのトレーニングについては「ガイドラインのフェーズ4で全体練習は行える認識」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ