本文へ移動

貴景勝、正代、朝乃山…三大関が総崩れ 八角理事長「勝ちたい気持ちは分かるんだけど…」 【大相撲】

2021年1月12日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北勝富士に突き落とされ…貴景勝(手前)は3連敗

北勝富士に突き落とされ…貴景勝(手前)は3連敗

◇12日 大相撲初場所3日目(両国国技館)
 三大関がそろって敗れた。東大関貴景勝(24)=常盤山=は膝から崩れ落ちた。北勝富士に突き落とされ、綱とりは極めて厳しくなる初日からの3連敗。「また明日から切り替えてやりたいと思います。我慢してやっていきたいと思います」と声を絞り出したが、初日から3連敗は新入幕だった2017年初場所以来、2度目。八角理事長(元横綱北勝海)は「とにかく冷静にね、冷静に自分の相撲を取り切るんだ、粘り強くという精神的な面ですよね。そういうのを立て直していかないといけない。勝ちたい気持ちは分かるんだけど、空回りしちゃうよね」と案じた。
 大関陣でただ一人2連勝していた正代(29)=時津風=は大栄翔に突き出され、「相手の取りやすい角度になってしまって、自分の圧力が相手に伝わらなかったですね。悪くはないと思うんですけど、ちょっと体をぶつけられていない。そこが気になります」と違和感を吐露した。
 正代と同じくかど番の朝乃山(26)=高砂=は結びで、御嶽海に押し出しされた。「感覚はあまり良くはないかもしれないですけど、やっていかないといけないので。自分の相撲は前に出る相撲。今日みたいな相撲を取ったら明日につながらないし、お客さんもがっかりしちゃう」と自身に言い聞かせるように話した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ