プロ野球『自治体が拒まない限り』2月1日キャンプイン ファンの見学については自治体の方針に従う

2021年1月12日 19時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年の中日春季キャンプ初日の風景

2020年の中日春季キャンプ初日の風景

  • 2020年の中日春季キャンプ初日の風景
 プロ野球の臨時12球団代表者会議が12日、オンラインで開かれ、沖縄県と宮崎県で予定されている春季キャンプについて、現時点では予定通り2月1日からスタートすることになった。
 現在は新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、緊急事態宣言が首都圏1都3県に2月7日まで発令され、関西3府県にも拡大する見通し。愛知、岐阜両県も発令を要請しており、宮崎県も独自の緊急事態宣言を出している。
 ただ、代表者会議の前に行われた日本野球機構(NPB)とサッカーのJリーグによる対策連絡会議に出席した斉藤惇コミッショナーは、キャンプ地の自治体が受け入れを拒まない限りは予定通り行うことを強調。「私たちは地元の理解をいただきながら(キャンプを)やらせていただく立場」とした。
 NPBの井原敦事務局長も、代表者会議後に「現時点では2月1日のキャンプインに向けて準備することで話を進めている」と説明。各自治体とは検査、医療体制や体調不良者が出た際の対処について協議を続けているという。感染拡大防止対策についても選手、スタッフらはキャンプ地に移動する前に新型コロナの陰性を確認し、キャンプイン後も1週間に1回程度、定期的に検査を行う。ファンの見学については自治体の方針に従うとした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ