米サンズポイント 著作権は切れたけど

2021年1月12日 16時00分 (1月12日 16時00分更新) 会員限定
 ニューヨーク市から東へ三十キロ。豪邸が立ち並ぶサンズポイント周辺は、作家フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」の舞台の一つとされる。米国が空前のバブルに沸いた一九二〇年代、登場人物たちは海と摩天楼を望むこの地で、恋とパーティーに明け暮れた。
 出版から約一世紀。米メディアによると、この作品の著作権が今年に入り失効した。「薄いひげのような蔦(つた)の若葉のかげに真新しい塔が屹立(きつりつ)し、大理石のプールがあり、四十エーカー以上もある芝生や庭がひらけている」(野崎孝訳)。主人公ギャツビーの大邸宅を描いたこうした文章も、今や社会に開放された公共財というわけか。
 そんなことを考えながら、ドライブついでに現地に寄ってみた。穏やかな波の音を聞きながら、冬の夕日が沈むマンハッタンを遠くに見渡せる。確かに素晴らしい地だ。ただ、さらに波打ち際へ歩を進めると一枚の看板が。「この先、居住者限定」
 「お先にどうぞ」。思わず、後から来た地元住民らしき老夫婦に道を譲った。名作はともかく、究極の絶景はまだ開放されていないようなので…。 (杉藤貴浩)

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧