漢字で楽しいデザイン制作 津幡の金箔職人 塚本さん

2021年1月12日 05時00分 (1月12日 10時32分更新)
漢字を基にしたデザイン制作を楽しむ塚本守利さん(後方)。手前は妻信子さん=津幡町北中条で

漢字を基にしたデザイン制作を楽しむ塚本守利さん(後方)。手前は妻信子さん=津幡町北中条で

  • 漢字を基にしたデザイン制作を楽しむ塚本守利さん(後方)。手前は妻信子さん=津幡町北中条で

 津幡町太田の金箔(きんぱく)職人、塚本守利さん(76)が、漢字を基にしたデザインの制作を楽しんでいる。和紙に張った金箔の上に、まるで笑っているかのようにアレンジした漢字を塗料で描く。「笑顔」の文字の作品を知人に見せると好評だったこともあり、昨秋から続けている。
 「東」は大相撲の横綱をイメージし、土俵入りの姿のように仕上げた。「春」の「日」の部分は桜の花びらで表現した。めでたい漢字を中心に選び、「祝」「福」「宝」など十四文字を手掛けた。
 「趣味で面白半分でやっている。どんなデザインにするか、長いものは一週間も考えた。でも、その考えているときが一番楽しい」と塚本さん。妻信子さん(73)もアイデアを寄せる。
 次は、えとを題材に案を練っている。塚本さんは「ことしも新型コロナウイルスがまん延しているが、しょぼくれてばかりはいられない。笑顔で楽しい年にしたいし、そうなるように願いながらこしらえている」と話す。(島崎勝弘)

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧