浜松初の女子小中生野球チーム 新年初練習 

2021年1月12日 05時00分 (1月12日 05時03分更新)
バッティングの見本を見せる浅野桜子さん(右)=浜松市南区で

バッティングの見本を見せる浅野桜子さん(右)=浜松市南区で

  • バッティングの見本を見せる浅野桜子さん(右)=浜松市南区で
 浜松市内で初めての女子小中学生単独野球チーム「浜松リッターズ」が、旧遠州浜小学校グラウンド(南区)で、同市出身の野球選手浅野桜子さん(22)を招いて、新年初めての練習をした。
 団員四人が、強風の中キャッチボールやノックに励んだ。浅野さんは、バットの素振りのフォームを一人一人見て、「体の力を使うように」などと助言しながら見本を見せていた。
 入野中一年の土屋夢海さん(13)は「重心を下げることを学んだ。あこがれの選手に教えてもらっていい経験になりました」と話した。
 浜松リッターズは二〇一九年十二月、建設業の常盤工業の支援で発足。昨年四月から活動を始めた。浅野さんが訪れるのは今回を含めて三度目で、「声を出すことなど野球の基本から教えたが、打球の飛距離も伸びていて上達が早い」と評価していた。
 浅野さんは、今年から始動する女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen」に選ばれている。 (糸井絢子)

関連キーワード

PR情報