歯科衛生士の復職支援 愛知学院大短大部「研修センター」始動

2021年1月12日 05時00分 (1月12日 05時00分更新) 会員限定
歯科衛生士への復職などを支援するリカレント教育の授業=名古屋市千種区の愛知学院大短期大学部で

歯科衛生士への復職などを支援するリカレント教育の授業=名古屋市千種区の愛知学院大短期大学部で

  • 歯科衛生士への復職などを支援するリカレント教育の授業=名古屋市千種区の愛知学院大短期大学部で
 愛知学院大短期大学部(名古屋市千種区)が、中部地方で初めてとなる歯科衛生士のリカレント教育(学び直し)を始めた。いったん離職して復職を望む人や、より専門的な知識を求める人など、20〜50代の約30人が受講している。 (芦原千晶)
 高齢化で口腔(こうくう)ケアの重要性が増す中、歯科衛生士のここ数年の求人倍率は約二十倍で、慢性的に不足している。一方、歯科衛生士の資格を持つ人のうち、実際に働いているのは五割弱で、離職者の復職支援や離職防止が課題となっていた。
 同短期大学部は昨年創立七十年を迎え、歯科衛生士教育でも五十年以上の歴史があり、復職支援などを促す国の事業の実施団体に選ばれた。昨年十月に「歯科衛生士リカレント研修センター」を設け、口腔ケアを学び直すコースと、高齢者への高度なケアが学べるコースを開講。定員の計三十人に対し、八十人の応募があったという。
 センター副所長の高阪利美・学長補佐は「高齢者は特に、歯を健康に保つことで病気が予防できる。愛知の歯科衛生士は全国的に少なく、リカレント教育でその数を増やし、地域貢献したい」と話した。受講料は原則無料で、実技も学べる。期間はおよそ三カ月で十...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧