「密」避ける成人式 袋井市、森町などで

2021年1月11日 05時00分 (1月11日 05時01分更新)
手指消毒、検温をして入場する新成人=袋井市のさわやかアリーナで

手指消毒、検温をして入場する新成人=袋井市のさわやかアリーナで

  • 手指消毒、検温をして入場する新成人=袋井市のさわやかアリーナで

 コロナ禍の十日に執り行われた成人式。県内では袋井市、森町などでも式典があった。磐田市では晴れ着姿などをインスタグラムに投稿する写真コンテストを実施している。
 袋井市の成人式は、新成人約九百六十人のうち六百二十七人が中学校区ごと四カ所に分散して出席した。各会場の式典はインターネットで生中継された。
 事前に新成人全員に抗原検査のキットを送付するなどして健康管理の徹底を依頼。一都三県からの来場の自粛を求め、保護者の入場、恩師の招待も中止して実施した。さわやかアリーナの式典に参加した鈴木絢子さん(20)は「節目として良い思い出になった」と話した。
 森町は町文化会館で開き、新成人の約77%にあたる百四十五人が出席。チラシを配布し、懇親会、同窓会の中止を呼び掛けた。 (土屋祐二)

◆晴れ着姿SNSに 磐田でフォトコン

 昨年十月、県内でいち早く成人式の中止を決めた磐田市では、会員制交流サイト(SNS)「インスタグラム」に、市内出身の新成人が振り袖姿やはかま姿などの写真を投稿する「イワタハタチ」というフォトコンテストが実施されている。
 十日午前は撮影スポットとして、ヤマハスタジアムが特別に開放され、着飾った新成人たちが集まった。撮影に参加した実行委員の木戸里咲(りさ)さん(20)=東京都多摩市=は「成人式が開かれないのは残念だけど、中学の同級生と一緒に撮影する人たちもいて、良かったと思う」と話した。
 イワタハタチでは今月中旬まで写真を受け付けている。コンテストの結果は二月に発表される予定。
  (菊谷隆文)

関連キーワード

PR情報