「3季ぶり御神渡り」高まる期待 諏訪湖面に薄氷、観察の八剣神社

2021年1月11日 05時00分 (1月11日 05時00分更新) 会員限定
広い範囲で薄氷が張った諏訪湖。観察総代の藤森さんが持つのは氷を割るための氷斧=諏訪市で

広い範囲で薄氷が張った諏訪湖。観察総代の藤森さんが持つのは氷を割るための氷斧=諏訪市で

  • 広い範囲で薄氷が張った諏訪湖。観察総代の藤森さんが持つのは氷を割るための氷斧=諏訪市で
 強い冬型の気圧配置の影響で県内は十日、冷え込みが厳しく、諏訪湖では湖面に広い範囲で薄氷が張った。湖面に張り詰めた氷が割れて筋状にせり上がる「御神渡(おみわた)り」の出現に向け、五日から諏訪市豊田の湖畔で湖面観察を続けている八剣神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)は「久しぶりに氷の張った湖を見た」を顔をほころばせた。
 この日の諏訪の最低気温は氷点下六・四度。八、九両日も最低気温は氷点下六度以下となっていた。
 薄氷は、沖合三十メートルほどまで広がっていた。観察総代が氷斧(こおりよき)で岸辺の氷を割ると、厚みは一〜二センチほどあった。水温は〇・一度。
 宮坂宮司は「寒気がもう一度来ると、おそらくほぼ全面結氷するのではないか。氷の感触は冷たいけど、心は燃えてくるものがある」、観察総代の藤森雅史さん(63)は「昨年と一昨年は氷斧を持ってくることもなかったので、使えて良かった。もっと氷が厚くなってくれれば」と、三季ぶりの御神渡りの出現へ期待を高めた。 
  (倉形友理)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧